蜂やイタチの退治をセルフで行なう場合と業者の違いを知っておこう

蜂の巣

有害昆虫の駆除

蜂退治をする際は、防護用の専用服やインナーを着用すると危険が減らせます。通販ショップなどで販売されており、安全に作業をしたい方に最適です。プロ仕様の毒を抜く器具などは、素人が作業を行う時にも役立ちます。

蜂から逃げる人

春に活動が活発になります

スズメバチは冬の間冬眠し、春に活動を開始します。春はまだ数も少なく攻撃性も低いですが、働き蜂が増え巣が大きくなってきてからは攻撃性が高くなってきます。大事なのは小さい巣を見つけたら、すぐに撤去してしまうことです。大きくなりすぎたら危険なので業者や自治体に委託してください。

蜂

個人で行う場合は注意を

沢山の種類がいるハチの中でも、比較的大人しい性格なのがアシナガバチです。巣の駆除を行う場合は、専門業者に依頼することがおすすめですが、もし個人で行うなら夜間が最適です。同じ場所に巣を作る習性があるので、個人で駆除を行った場合は、巣があった場所に殺虫剤などをかけておくと良いでしょう。

蜂とイタチ退治

ハチ

自宅に蜂やイタチの巣を発見したら直ちに駆除、退治しなければなりません。害獣、害虫のなかでも特にスズメバチやイタチは凶暴で、放っておくと巣が大きくなりますのでたいへん危険です。駆除や退治を行うとなると、自力で行うか業者に行ってもらうかの二択になりますが、ここでは両者のメリットとデメリットを挙げていきます。まず自力で行う場合ですが、業者に頼むよりも費用を安く済ませられることが一番のメリットです。しかし、防護服やジェットタイプの殺虫剤、退治用の燻煙材などは自分で用意する必要があります。また、相応の知識や時間と手間、そしてなによりも危険が伴うことがデメリットです。大きなスズメバチの巣や噛まれてしまったりすると命に関わるため、自力での駆除は諦めたほうが良いでしょう。次に業者に依頼する場合ですが、こちらは料金さえ支払えばこちらに危険はありませんし、専門の知識を得る必要もありません。ただ、お金がかかることと、信頼できる業者を探す手間は必要になります。

以上の観点から、蜂の巣やイタチの駆除は基本的には業者に依頼する方がベターな選択と言えます。まず最初に必要なのは、見積もりを出してもらうことです。今はインターネットで複数の業者の見積もりを簡単に比較することも可能ですので、利用すると便利でしょう。この時単純に料金が安い業者を選ぶのではなく、蜂の巣が再度同じ場所に作られた場合のアフターケアなどがあるかどうかや、その保証期間を見ることが大切です。また、無料で現地調査をしてくれる業者も優良です。蜂の巣を実際に見て、どのような方法が良いか判断してくれますし、それによって料金も変動します。この時にこちらからもわからないことは積極的に質問しましょう。わかりやすく丁寧に答えてくれる業者は信頼できます。