蜂やイタチの退治をセルフで行なう場合と業者の違いを知っておこう

個人で行う場合は注意を

蜂

服装や電灯に工夫を

アシナガバチは、ハチの中でもおとなしい性格で攻撃性は強くありません。蛾や蝶の幼虫を捕らえてくれることもあるため、農家などでは重宝している場合もある程です。しかし、やはり刺される危険もあります。住宅などで巣がある場合は、駆除しておく方が良いでしょう。アシナガバチの巣を駆除する場合は、専門の業者に依頼すると安心です。個人で駆除を行うのは危険が伴うため、おすすめはできませんが、もし行うならば、活動がにぶくなる夜間に行うと良いでしょう。その場合、懐中電灯などを使用することもあるでしょう。アシナガバチは、光に向かって飛んでくる場合があるため、予め赤いセロファンなどを被せて予防します。駆除を行う際は、防護服を着用するなど、万全の準備をして挑みましょう。

特徴と習性

アシナガバチの巣は、スズメバチとは違い、外壁のような覆いがありません。外から一見するだけで、部屋の一つ一つがはっきりとわかる造りになっています。巣に何匹ハチがいるかわかるため、駆除も比較的行いやすいです。巣は一年限りで、ハチ達も次期女王蜂を残して全て死んでしまいます。駆除は、専門業者に依頼するか個人で行うか、ということになります。自治体によっては、駆除を行っている場合もありますが、多くは危険度が高いスズメバチだけです。アシナガバチは人間と共存が可能だという意見もあり、駆除を行っていない場合もあります。アシナガバチには同じ場所に巣を作るという習性があります。もし、個人で駆除を行った場合は、巣があった場所に殺虫剤などをかけておくと良いでしょう。